前のトピックスへ次のトピックスへ

仲介手数料を無料半額割引に出来るケース

仲介手数料を無料半額割引に出来るケース


不動産売買の際、売主が物件を業者に売却依頼する時、仲介手数料が掛かります。

買手が物件を購入する場合もやはり業者を介しますので同様の手数料が掛かりす。 

不動産売買は、2~300万円から5000万円・1億円以上の場合も出てきます。    

宅建法では、400万円を超える仲介手数料の上限売買価格×36万円+消費税としています。これは上限価格以上は貰ってはいけないと制限しているのであって割引はして良いのです。


専属、専任、一般でも他社を介せず1社だけで売買契約を成立させた場合は、

売主買主双方から上限価格内の仲介手数料が頂ける事になります。


沖縄県の不動産業の登録社数は約1,700社位でその6割位(1,000社)が活動していると言われます。 銀行関連会社を始め数十臆の資産を持つ強社から家族2~3名で食べて行くのが精一杯の弱社まで、ピンからキリまで一緒くたにあります。 全くの自由競争です。 1割が強社、9割が弱社と言う処か?

名のある・力のある強社は、テレビを始め不動産サイトや毎週発行される住宅新聞に連続して広告を打ちます。
繰り返される広告は
意識するしないに関わらず人の潜在意識に刷り込んで行きす。 すると、知名度・信頼度高ま遂には高く売ってくれる会社と認識されて来ます。かくして、売却依頼はそれらの会社の下に行きます。


現在はネットの時代です。購入者は物件をネットで探します。
ですから、物件は
ネットに載せていれば、会社の名前や規模は関係しません。 
物件が高く売れるかどうかは、専属・専任・一般のどれで売り出そうが一緒です。 

何故なら、どんなに値引要求が来ても、売る価格を決めるのは、売主だからです。

買手が買う決断をするのは、物件の価格が自分の予算内に収まる時だけです。



名前の知られてない小さな会社にとっては、売り物件を如何にして確保できるか? 

が業界で生き残れるか否かの岐路であり課題命題なのです。


小さな会社にとって売り物件の依頼獲得のチャンスは
専属で1社に売却依頼したのにも関わらず、何ヶ月経っても売れない時に、
売主が専属契約変更を考える出て来る場合があります。
その時こそ千載一遇のチャンスです。媒介依頼が頂けるチャンスが出て来ます。 

一般媒介に参加させて貰って もし弊社で売買契約に至った場合には、自らの仲介手数料の割引を提示する事位しかありません。



下記が、売主様と買主様から依頼頂ける際の手数料無料半額割引の概要です。



※1. 売主からの売却依頼がある場合  売主に対しての割引

1. 一般媒介に、弊社も参加を頂ける場合に手数料を原則的に半額割引に致します。

2. 弊社1社のみで売却依頼を頂ける場合、手数料が無料になる場合があります


※2. 買主からの購入依頼がある場合 ⇒ 買主に対しての割引

  1. 他社の専属物件を、別れ」で売買契約できる場合、仲介手数料を25%割引とします。

  2. 他社の一般媒介物件に、弊社も参加出来た場合仲介手数料を原則的に半額割引とします。

 3. 売主から正規の手数料が頂ける場合手数料が無料になる場合があります

 新築・中古住宅、新築・中古マンションで、売主から手数料が頂ける場合


  • 売主から弊社1のみで依頼が頂けた物件の場合

  • 売主の仲介手数料が無料になる場合は、買手側への手数料の割引はありません。


物件に同じ2つと存在しません。専属物件価格交渉において買手側としては対等に扱って欲しいのですが値引き額のサジ加減は売主の意向が優先されて行きます。これは仕方ない事です。何故なら、業者は売り物件あっての商売です。専属依頼して下さる売主様には背けません。 

 

一般媒介の場合は、業者が複数社になります。それらの業者は自由競争になります。

買主を見つけた業者は、売主と直接価格交渉致します。早い者勝ちになります。

すると、買主の要望に沿った価格交渉になる場合も出て来ます。
その時、
交渉力の違いが出て来ます。









                                   

前のトピックスへ次のトピックスへ